スマートに建てるためには必須の知識!役立つ情報を生かして注文住宅を賢く建てよう!

こちらのサイトは、スマートに家を建てるための必須知識についてご紹介しています。ここでは、注文住宅は建てるエリアで相場が変わることがある、2つのオーダー方式があるなど役立つ情報をご紹介しており、このような知識を得ることで失敗や後悔などをしない家づくりに導くことができます。なお、依頼先がハウスメーカーや工務店など建築会社によっても家づくりの方法などの違いがあることもしっかり理解しておくなどが大切です。

スマートに建てるためには必須の知識!役立つ情報を生かして注文住宅を賢く建てよう!

注文住宅の家づくりを行うためには、色々な情報を入手して知識を高めることが大切です。
注文住宅と聞くと家の設計図は真っ白な状態から書くイメージを持つ人が多いのですが、ハウスメーカーなどが作る家の場合は基本的な間取りプランが用意してあり、それに必要と思われるもしくは欲しいオプションを追加した理想の家を建てるスタイルです。
そのため、真っ白な状態からの家づくりは地域に密着している工務店などを通じて注文住宅の家を建てることになります。

妥協してはいけない注文住宅の家づくり

注文住宅で絶対にやってはいけないことは、妥協です。
注文住宅の予算には限りがあるため、家づくりをしていると必ず諦めなければいけないポイントが出てきます。
もし途中で予算内に収めることができず何かの条件を諦めなければいけないなら、見積もりを見ながらお金がかかっている部分から見直すかもしれません。
こうしてお金の使い方を見直し予算内に収めることは重要ですが、そのときに意識したいのは妥協しないことです。
たとえば家づくりをしているときには、絶対に譲れない条件があるはずです。
この絶対に譲れない条件を妥協してしまうと、注文住宅が完成した後に後悔してしまいます。
注文住宅を建てる意味にかかわってくるので、絶対に譲れない条件だけは妥協してはいけません。
コストを見直し予算内に節約したいときには、重視していないポイントから諦めるようにしてください。
打ち合わせのなかで付け足した条件、完成後に対応できるものなどを対象にすると、後悔は少なくなります。

注文住宅にあると生活が豊かになる仕様や設備

快適に生活できる注文住宅を建てるためには、家族の希望を聞いたり建築の成功事例について調べることが重要です。
特に家族の会話が生まれる住まいを実現したいときには、広いリビングルームがある建築プランを選ぶのが理想的です。
設計と施工の実績がトップクラスのハウスメーカーで相談すると、生活が豊かになる仕様の注文住宅のプランを提案してもらえます。
当初から建物をバリアフリー仕様にするのが、安心して永住できるマイホームを実現するための基本です。
バリアフリー住宅は乳幼児や高齢者にも優しく、すべての年代の人々が快適に暮らせるのが最大の強みです。
そのために耐久性に優れた家を建てる場合には、段差がなくて車いすを使った移動も容易な設計にすることが多いです。
一方で長い間住み続けていると、次第に衣類やレジャー用品の収納で悩むようになります。
広いクローゼットがある注文住宅は、整然とした空間で豊かな暮らしを実現したい人にも適しています。

暮らしてからわかる注文住宅に不要な設備

注文住宅の打ち合わせをしていると、設計士や営業マンからさまざまな提案がされます。
そのなかにはおすすめの設備もあり、話を聞いていると魅力的に思えて設置する人も多いかもしれません。
しかし設計士や営業マンがおすすめした設備を設置しても、一度も使わなかったり高いお金を出して付けたことを後悔する人もいます。
注文住宅で悔いを残さないためにも、不要なものは取り付けないようにしてください。
注文住宅を建てた人の間で、暮らし始めてからいらないと思ったものはベランダです。
外に洗濯物を干さない人には不要ですし、スペースも限られるため使いにくいといった意見があります。
また時間に関係なくお風呂に入る人からは、浴室乾燥機が不要という意見もあります。
そもそも浴室が狭ければ乾燥機があっても洗濯物を干すスペースも限られ、活躍する機会は少なくなるでしょう。
その他には勝手口や和室、食洗機などが注文住宅には不要という意見が目立ちます。

廊下やベランダのない注文住宅は暮らしやすいのか?

廊下やベランダは、住宅には欠かせないスペースです。
一戸建てでもマンションでもほぼすべての住宅であり、ない生活など考えられない人はいるかもしれません。
しかし注文住宅は施主の希望をかなえられるので、廊下やベランダのない家づくりができます。
実際にあえて設けず生活している人も多数いるので、注文住宅の参考にしてみると良いかもしれません。
住宅にあって当たり前のスペースがないと、暮らしにくいと感じる人もいるでしょう。
特にベランダはないと洗濯物を干すスペースを確保できなため、不便な生活を強いられると思いがちです。
ですが洗濯室を設けたり浴室に乾燥機を設置するなどすれば、ベランダを作る必要はありません。
代わりにウッドデッキやサンルームを1階に作り、階段の上り下りをする回数を減らすこともできます。
注文住宅は自由な発想で家づくりをできるのが最大の魅力ですから、固定観念にとらわれず柔軟な発想を基にするのがおすすめです。

ローコストの注文住宅はなぜ安いのか?

注文住宅の一般的なイメージは、価格が高いことです。 オーダーメイドのため建売住宅などと比べると圧倒的に高く、予算的に厳しいと諦めてしまうでしょう。 しかし高額なイメージがある注文住宅を、ローコストで建てられる会社はあります。 なぜオーダーメイドの注文住宅をローコストで建てられるのかというと、さまざまな工夫を施工会社がしているからです。 たとえば営業や集客をインターネット中心にすると、人件費などのコストは削減できます。 派手なテレビCMも使わなければ宣伝広告費も削減できるので、その分を価格に転嫁できるわけです。 また建物の間取りやデザインをシンプルにしたり、使用する建材や設備のグレードを統一しているのもコストカットのコツです。 施工現場でも作業効率を高めたり合理化して人件費を抑えたりと、他の会社にはない努力をしています。 小さなコストカットの努力を続けることにより、費用を抑えつつ注文住宅を建てることができるのです。

自社施工の注文住宅がおすすめされる理由

注文住宅を建てるなら、絶対的におすすめできるのは自社施工の会社です。 注文住宅で多いのは、営業と施工する会社がわかれているケースです。 営業や設計だけ受けて、注文住宅を建築する施工は下請けの会社に任せる、このパターンは非常に多く珍しくはありません。 しかし営業から施工まで一貫していないと、さまざまなトラブルが発生する可能性が高まります。 たとえば営業マンに要望を伝えたのに現場の職人たちには伝わっていない、背負う不良が見つかったら両社で責任のなすりつけをするなど、さまざまなトラブルがあります。 自社施工の注文住宅なら、営業から施工まですべて同じ会社が担当するためこうしたトラブルは起きません。 営業と現場の職人がコミュニケーションを執れているので伝達不足は起きにくく、責任の擦り付け合いもありません。 また中間マージンが発生しないためコストを抑えられるメリットもあるため、家を建てるときにはおすすめされています。

家事動線を楽にする注文住宅の間取りとは?

注文住宅の間取りを考えるとき、2つの動線を意識することが重要です。注文住宅における2つの動線は、生活と家事の2つがあります。家事動線は文字通り家事をする人が楽に動けることを意味するもの、コンパクトにまとめる基本的な間取りは水回りが集約されたもので、キッチン・浴室・洗面所・トイレなど水回りを一か所に集めるスタイルです。このように、水回りを一か所に集めると、料理や皿洗いをしながら洗濯機を回すなど家事がしやすくなると浴室やトイレなどの掃除を行う頻度も増えるので、水垢がたまって中々落とせないなどの苦労を強いられることも減ります。また、食品や飲料などをストックする収納スペースでもあるパンドリーを設けると、キッチンに関連するものをまとめて保管できることからストック量が分かりやすくなり無駄なものを買わずに済みます。パンドリーも家事動線を楽にする間取りに取り入れたい設備の一つですが、キッチンと洗面脱衣室の間に設置する方法と玄関横のシューズクロークとキッチンとの間に挟むように設置するなどの方法がおすすめです。

ハウスメーカーや工務店が提供する注文住宅のアフターサービスの内容

注文住宅の依頼先には工務店やハウスメーカーの2種類が代表的ですが、これらのアフターサービスには良い点もあれば悪い点もあり、一概に工務店が良いハウスメーカーが良くないとはいい切れません。工務店は地域に密着した会社でもあり、規模が小さいなどの理由からお客さん一人ひとりに対しきめ細やかなサービスを提供しやすいのが特徴です。ただ、規模が小さすぎるとスタッフの人数不足が影響して十分なサービスが提供できないこともゼロではありません。ハウスメーカーは人数が多いので、一人ひとり専任のスタッフが丁寧に接客を行うことはありますが、規模が大きすぎると丁寧な接客ができないなど十分なサービスが提供されないこともあるようです。なお、注文住宅で家を建てるとき、ハウスメーカーや工務店などに関係なく顧客満足度やサービス内容を左右する要因になるのは担当者です。信頼できる担当者がいるのかいないのか、これによりアフターサービスの内容にも影響が与えられます。

注文住宅の資産価値を高める一工夫

注文住宅は、土地が含まれているのでマンションと比べると資産価値が低下しにくく、中古住宅をリフォームするより耐震性・断熱性など住宅性能を高めやすいメリットを持ちます。さらに、狭い土地や不整形地など住宅設計に強みがある設計事務所を利用して注文住宅の家づくりを行うと都心の中でも駅から近い場所の土地を候補にできるメリットもあります。ちなみに、SE構法は耐震性や断熱性などの住宅性能を高めやすくする、資産価値が高くなる、狭い土地にも対応しやすいので都市部の注文住宅の工法として注目が集まっています。工務店や設計事務所などは広告宣伝をあまり行っていませんが、ハウスメーカーは様々な媒体を利用して広告宣伝を行っているので、このような業務における費用は住宅の価格に上乗せされるケースが多いのです。そのため、SE構法の注文住宅を設計事務所や工務店に依頼すると同程度のグレードの家でもハウスメーカーより2割くらい安くなるといいます。

著者:遠藤徹郎

筆者プロフィール

京都府京都市出身で地元のハウスメーカーに長年勤務。今回はの注文住宅について基本をまとめました。
京都の注文住宅をチェック!